Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

新しい命と私たちの記録

結婚して5年が経ちました。新しい命を待ち望み香港で不妊治療中

Cycle12 移植2回目(ホルモン補充)② 移植日決定(イントラリピッドインフージョンとヒュミラ摂取)

引き続き移植2回目の周期についてです。

 

Day11 10月17日

血液検査の結果問題なし(E2:1194 P4:0.1)。

卵巣、子宮の状態も問題なく、内膜は10mmを超えていました!!10.2mmか10.3mmくらいでした。3層で綺麗な良い状態と言ってもらえました!

 

移植日は1週間後の10月24日でもいいし、25日でも26日でも大丈夫とのこと。

仕事の予定から26日(水)に予定して頂くことになりました。

 

今回移植する胚は、ExpandedAA(4AA 拡張期胚盤胞)です。

無事融解できますように!

 

この診察で問題がなかったため、この診察の後ランチを挟んでイントラリピッドインフージョン(点滴)があります。2〜3時間かかるとのこと。

針が刺さる時は痛かったですが、それ以外は特に無く、本を読んだりお昼寝をしている内に終わりました。

栄養剤的な物のようです。大豆にアレルギーがないか聞かれました。(卵もだったかな?曖昧です・・・)大豆も含まれているためです。

副作用はないとのこと。

 

この日はヒュミラ(Humira40MG)という免疫抑制剤の注射もありました。お値段、久々にビックリする額でした(1本=1回 HK$8000)。そしてものすごーーーーーく痛い注射でした。看護師さんがしてくれましたが、自分では出来ないかもって初めて思う注射でした。

 

お薬

①エストロゲン(Estrofem2mg)2錠/日(朝晩) 引き続き

②メトフォルミン(Glucophage500mg)2錠/日(朝晩、食事と一緒に飲む) 引き続き

③低容量アスピリン(Cardiprin100)1錠/日 引き続き

④排卵誘発のHCG(Ovidrel250MG)Day13 夜2本(下腹部左右1本ずつ)

⑤プロゲステロン(黄体ホルモン)(Utrogestan100mg)Day15夜2個、Day16から1回2個朝晩(膣座薬)

⑥ステロイド(Prednisolone)Day11〜19まで 5mgx2錠 朝食後。Day20(移植日)から量を増やす(最初は薬に慣れるための量だった)。

同じくPrednisolone(Panafcortelone25MG)25mgx1錠 朝食後。

→夜服用すると眠りにくくなるそう。なので朝のみます。また長期で服用すると骨に問題が出てくる可能性がある(骨粗しょう症等)ため、カルシウムをサプリで補います。

⑦カルシウム+ビタミンD3混合のサプリ

 

お薬がいっぱいです。

移植まで服用するもの、注射、膣座薬等間違えないようにしっかり管理します。