Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

新しい命と私たちの記録

結婚して5年が経ちました。新しい命を待ち望み香港で不妊治療中

今の状況 Cycle8 Day21/BT3

これまでの流れも少しずつ書いていきたいですが、まずは今の状況から。

 

このサイクルは、ホルモン補充での凍結胚盤胞移植でした。

これまで2回採卵しましたが、移植は初めて。

サイクル最初から流れを今日書いてみようと思ったのですが、長くなりました!なので小分けにして書きますね。

 

とりあえず移植した日にちは、6月22日(水)午後。

①ExpandedBA 日本だと4BAでしょうか。拡張期胚盤胞です。

②ExpandingB+A 日本だと3B+Aでしょうか。プラス(+)っていうのはあまり見ないので、このクリニック、または香港でのグレードの付け方なのかもしれません。

どちらも5日目胚盤胞です。

 

いざ移植!の際は孵化が始まっていたため、Assisted Hatchingはしていませんとのことでした。

心の中でそれっていいことだよね!すごいよね!と思いつつ「わかりました」だか「はい」だったか覚えていませんが、返事をしました。

 

その日に打った注射は

①hCG(Pregnyl) 1500IU おしり

②プロゲステロン(Gestone)1ml おしり

③(Clexane) 0.4ml お腹(ドクターは「血をサラサラにして血流を良くする注射」と言っていました。ヘパリンと同じような注射のようです。特に不育症の診断は受けていないですが。)

 

②と③は移植日から毎日です。妊娠していれば12週くらいまで打つことになるよーとナースから言われています。これが高い!②は1回$100(約1300円)、③は1回$180(約2300円)。

おしりのは夫に打ってもらっています。最初は怖すぎて手汗がすごかった!本気でナースに夫にも一回針刺してみていいですかって聞いて刺してみたかったです。そしたら力加減とか分かってもらえそう!と思って。まだ3回ですが、日に日に上達しているので、夫に針を刺して体験してもらわなくても大丈夫そうです。

 

ナースも「旦那さんにしてもらうの?信用してるのね?でも大丈夫?」って聞いていました(笑)!しかも2人のナースから言われました。みんな自分でするのでしょうか?

 

その他お薬

①プロゲステロン(Utrogestan 100mg)x2tablet 朝晩 膣剤

②エストロゲン(Estrofem 2mg)x1tablet 朝晩 膣剤

③アスピリン(Cardiprin 100)x1 朝 経口

 

現在BT3。特に症状もなく、時々生理痛のような痛みがあるような無いような。ただの腸の動きだけかもしれないレベル。胸のハリもない。

 

判定は来週土曜(7月2日)BT10に血中ホルモン値にて。

ドクターから「これから2日程は着床時期だから、できるだけtake it easyで過ごしてね」と言われました。「病欠の用紙もいる?」と聞かれたので、「仕事も行かない方がいいんですね!じゃあ下さい」ともらって、BT1&2はお仕事お休みしました。

夫もその方が安心みたいです。「元気なのにお家でゴロゴロできるっていいな〜」と言っていると「ちゃんとゴロゴロしてね!」と言って仕事に行きました(笑)。

 

次はこのサイクルの始めからをまとめてみたいと思います。