Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

新しい命と私たちの記録

結婚して5年が経ちました。新しい命を待ち望み香港で不妊治療中

Cycle15-16 流産後のお休み

流産宣告後、全ての薬を止めるとピタリと出血が止まり、4日間そのままでした。もしかすると内容物を出すためには薬が必要になるかなあと思っていましたが、5日目から出血が始まりました。

上記流産後の出血からの周期をCycle15とすると、Cycle16は流産後1回目の生理からのサイクルになります。

 

流産後1回目の生理の痛みはいつもより少なかったです。

チョコレート嚢腫持ちですが、実はこの流産後の診察で2つ→1つになっていること、サイズも2〜3センチくらいだったのが、1センチ前後くらいになっていることが分かりました。これは嬉しかったです!

痛みが少なかったのは、良い方向に変化が起きていると考えます!!

 

さてCycle16の間に、Haematology(血液学)の専門医で習慣流産含め不育症ケースを専門とするドクターの診察受けに行ってきました。このドクターは、私の産婦人科担当医の紹介です。

また、Naturopathy(自然療法)の専門医で、不妊・不育ケースをたくさん診ておられるドクターの診察も受けに行ってきました。友人が見かけた不育症体験者のコラム(インターネット)に、このクリニック所属のNaturopathドクターの所で治療を受けて来たことが書かれていました。そしてその方はその後無事出産しておられました。

私の身体が100%の状態でないことは感じていたし、薬ではない方法で身体の中からエネルギーを感じるようになるために行ってみようと思いました。

上記クリニック(Naturopathy)は、20分の電話での診察?質問?をしていて、その際に勧められたのは、コラムの方とは違うドクターでしたが、不妊・不育に強い先生とのことで、勧められたドクターにしました。

 

さらに、前回のブログでも書きましたが、日本で不育専門医の診察も受けに行く予定です。これは5月。

 

流産後、体調が回復し心も落ち着いてきて、こういったドクターの予約を取り、また前向きに妊娠のことを考えられるようになっています。

日々の生活やこれからの夫婦での生活のことも、前向きに考えたり受け止めたりできるようになってきています。

 

次は上記の専門医での診察でのことを書いていきます。