Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

新しい命と私たちの記録

結婚して5年が経ちました。新しい命を待ち望み香港で不妊治療中

Cycle14 自然妊娠→流産 2

前回の続きです。3月末頃、流産後1ヶ月が経つ頃に書いています。

 

7週0日の診察で流産していることを告げられました。

 

IVIGもやったのに、この週が大丈夫だったら、2回目のIVIGの予定でそしたらもっと安定したかもしれないのに、前回の流産から時間をあけてなかったからこうなったの?何で?何で?何でまたなの?

 

クリニックでは色んなことが頭の中をグルグルして、涙は出ませんでした。どこかで心の準備をしていたようなところもあったのだと思います。

またか。でも自然妊娠できることが分かったのは良かったな。成長していて欲しかったな。でもやっぱり私には無理なのかな。

 

すでに出血はしているし、週数もまだ早いから、自然に出てくるでしょうとドクター。私も今回赤ちゃんや胎盤(作りかけですが)を検査に出すつもりはなかったので、それで良いとうなずきました。

 

薬を全て止めると、なぜかぴたりと出血が止まりました。

本当に不思議でした。この体験から、もしかしてこれらの治療は私にはやり過ぎなのでは?という思いが出てきました。

 

 

家に帰って落ち着いてから泣きました。今回もいっぱい泣きました。

これで私は4回流産を経験したことになります。

もう私のお腹では赤ちゃんは育たないと烙印を押されているような気持ちにもなりました。次妊娠してもうまく行く気が全くしませんでした。でもまだ凍結胚があります。これを移植するには薬代も含めるとかなりの費用がかかります。でも全く上手くいくイメージが湧きませんでした。

 

無能感、価値のない人間という思いも湧いてきました。

ぐっすり眠れない、食欲も無い状態になりました。

 

ホルモンの影響でこういう状態になっていると自分に言い聞かせつつ、これまでの流産後もそうだったように、時間とともに心も身体も回復してくると信じてひたすら待ちました。

 

流産宣告から1ヶ月が経ち、上記のような状態は脱していますが、今度の妊娠で上手くいく!というイメージはまだ持てていません。今すぐに妊娠してもまた同じことを繰り返すと思います。

 

そこで、香港の血液/免疫学の専門医の予約を取り、日本の不育症治療で有名な新横浜のSウィメンズクリニックの予約を取り、心と身体を総合的に診て、必要であれば運動や栄養面からのアドバイスや処方もしてもらえるというNaturopathドクターの予約も取りました。友人に勧められたカイロプラクティックも行き始めました。

納得してやりきったといえる状態にしたいと思います。4月、5月はそういったドクターやクリニックの診察を受け、移植するにしても自然妊娠を目指すにしてもすばらく時間をあけようと思います。