Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

新しい命と私たちの記録

結婚して5年が経ちました。新しい命を待ち望み香港で不妊治療中

Cycle7 採卵2回目①

現在流産後1回目の生理待ちです。

 

さて今日からCycle7の採卵2回目のことを書いていきます。移植サイクル1回目の直前のサイクルです。

 

Day2

仕事が忙しく、今日の診察は受けられず。でも明日Day3は15:00までに採血に行くことができないため、今日採血のみ行くことになりました。(15:00までに採血しないと、当日結果を聞けない=ドクターが採卵サイクルに入っていいかの判断ができない)

E2: 24、LH: 6.4、FSH: 5.0

 

Day3

診察1回目。超音波で小さな卵胞がいくつか見える。

前のサイクルに腹痛で入院していましたが、その影響もなく、卵巣の腫れや、残っている卵胞もなく、ホルモンレベルも問題ないとのことで、無事採卵のための刺激をスタートすることができました。

今回の刺激に使ったのは以下の注射です。毎日3本です!!前のサイクルで摂取していたエストラジオールの効果とこれからの注射で、卵胞のサイズがあまりばらつかずに成長してくれることを願います。

 

①Gonal f 300IU(ゴナールエフ300単位)

②Menopure 150IU(メノピュア150単位)

③Saizen 17IU(サイゼン17単位)

 f:id:DallasGreen:20160717155927j:image

 f:id:DallasGreen:20160717160143j:image

f:id:DallasGreen:20160717160158j:image

写真を回転できません。。。 

 

ゴナールエフは採卵1回目も最初から使いました。同じ量です。メノピュアも採卵1回目に使いましたが、途中からでした。これを追加してE2の値が上がったのを覚えています。今回は最初からです。同じ量ですが、すでに粉と混ぜてあるタイプで、指定用量を自分で注射器で吸い取って注射しました。

サイゼンは初めて使います。成長ホルモンで身体全体に良いと聞きました。卵胞のサイズが揃って、卵子の質を上げてくれるのかな、くらいの理解です。

私はゴナールエフを毎日300単位打っていたので高かったですが(900単位入りHK$3200)、サイゼンも高かったです(5〜6日分でHK$2500)!!

 

Day7

診察2回目。E2: 402、LH: 1.4

卵胞が左右の卵巣にいくつかずつ見えます。数えられませんでした。

良い調子だそうです。もう少し注射を続けます。Day8から排卵抑制の注射も加わります。

④Orgalutran 0.5ml

 

Day10

診察3回目。E2: 1089、LH: 0.8

左右に7〜8個ずつ卵胞が見えました。サイズは少しばらつきがあります。

あと2日注射を打ってDay12で再度診察、おそらくDay14で採卵となるでしょうとのこと。

①〜④を毎日注射

 

Day12

診察4回目。E2: 2085、LH: 0.72

2日前より少し成長してる。やはりサイズにばらつきがあり、少し小さい群が全体的にあと少し大きくなってくれれば、ということで採卵はDay15になりました。先生は前回の採卵の時と同様、待ちすぎると大きい卵胞たちの方が古くなってしまう。早いと小さい卵胞たちの準備が整わない。難しい判断ですが、一日のばしてみましょうという判断になりました。

今日も①〜④を注射。

 

Day13

診察5回目。E2: 2227、LH: 0.4

小さい群れの卵胞達が少し育ってくれていました。

Day15の採卵で問題なし、決定です。5〜6個の良い卵子がとれるんじゃないかなとのこと。採卵数はもっと多くて10個前後くらいかなとのこと。

排卵をさせる注射、Ovidrel(250mcg)を2本、23:15に注射。

最後の注射!!今回も頑張ったー!!と喜びました。移植後のプロゲステロン注射がこんなに痛く、長期間摂取しないといけないことはこの時はまだ知りませんでした。。。プロゲステロン注射を毎日より、卵巣刺激用注射毎日の方が期間も短いし痛みも少ないので、とってもってもマシでした。

 

Day15

採卵当日。

ここからはまた次のブログに記録していきます。