Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

新しい命と私たちの記録

結婚して5年が経ちました。新しい命を待ち望み香港で不妊治療中

Cycle4 採卵1回目②

今日はBT19(Day37)。

おしりの注射、今日は左側で自分でできないと思ったので、クリニックに行って打ってもらいました。看護師さん、やっぱり上手です。痛くなかった!何が違うの?!

 

さて昨日は採卵サイクルの採卵当日までの流れを書きました。

今日は採卵当日の様子です。

 

Day14

採卵日当日。

採卵は朝9:30にスケジュールされていました。(なので36時間前である土曜夜21:30に排卵を促す注射を打っています。)

IVFセンターには9:00に来るように言われていました。 

 

9:00 到着は9:00少し過ぎてしまいましたが問題ありませんでした。

    血圧を計ったり、アレルギーがあるか等の質問後Room3へ。

   着ているものを全て脱いで、手術着に着替え、紙のパンツをはきました。

   靴下も病院のものにはきかえます。

 

9:30 夫到着。サインする書類にサインし、私を励まし仕事に行きました。

 

9:45 トイレに行ってから手術室に移動。

   手術室は寒かったのですが、暖めたブランケットをかけてくれました。   

   そこで紙パンツを脱ぎ、膝下を固定されます。

   麻酔科医が自己紹介をし、麻酔の流れを説明してくれました。

 

9:55 ドクター登場。超音波で排卵していないか確認。

     ドクター「排卵してないよー、よし採卵!」と今日も明るく元気いっぱいな感じ。

 

10:00 麻酔を入れます。10まで数えることなく眠りにつきました。

    採卵 

 

12:00頃 目が覚めました。看護師さんがきて、13個採卵できたことを伝えてくれました。10個前後、E2の値からもそれくらいかなと思っていたので、13個という数にただただ嬉しく涙が出ました。

看護師さんがお水とクラッカーを持って来てくれました。血圧を計り、お水を飲んだりクラッカーを食べても問題ないことを確認。

 

12:30 帰って大丈夫だと伝えられる。この日1日休む必要があるとは思っておらず、あまり動かない仕事なら大丈夫かなと思って、お休みは午前中のみとっていました。

看護師さんに、午後職場でもできるだけゆっくりするように、今晩はゆっくり休むように言われました。

もし今後採卵があるなら、1日休みをとろうと心に誓いました。麻酔もしているので、すぐにスッキリ!とはいかなかったです。

 

13:00 支払いを済ませてセンターを出ました。

 

Day15

採卵できた卵たちの受精状況の連絡が入りました。そのはずなのですが、この辺の記録がなく、記憶もありません。。。あまり良くない状況だったことは覚えています。

リポートの情報は、13個採卵、内7個が成熟卵(MII)、1つが超未成熟卵(GV)、1つが壊れた卵(Deg)、4つが異常卵とあります。

そして6個が受精し成長したとあります。

 

Day17

採卵後3日目です。3日目の初期胚がいくつできているか、グレードはどうかという連絡が入りました。

結論は、GradeII(-)(グレード2マイナス)の初期胚が2つのみ凍結できる状況とのことでした。2つのCryotopに分けて1つずつ凍結してもらいました。

受精した残りの4つは、成長が止まってしまったのでしょうね。聞いたはずなのですが、覚えていないです・・・

 

伝えてくれた培養士?看護師?の方は、あまり状況は良くないよとのこと。凍結できた2つもGrageII(-)だけれど、その中でも良くない方で、フラグメンテーションも見られるとのこと。

この後どうするかを考える材料になるので、はっきり言ってもらえて良かったです。

生理が来たらとりあえず診察の予定です。その際にドクターにも聞いてみたいと思いつつ、夫婦でも話し合いました。

 

私たちは子どもを2人以上、できれば3人授かれると嬉しいなと話していました。

一人目を無事出産できたとして、その後再度採卵となると、さらに歳を重ねているわけなので、卵子の質は落ちているだろう、だったら今採卵しておいて、凍結しておきたいという結論に至りました。

 

これで1回目の採卵は終わりです。

次はCycle5〜6 お休み&採卵2回目前周期排卵後エストロゲンのことを記録していきます。